日本ケーブルラボは第12回ラボワークショップ「ケーブルによる高度BS再放送に向けて」を開催いたします。2018年末に開始が予定される高度広帯域衛星デジタル(高度BS)放送のケーブルによる再放送の実施に向けて、ラボ運用仕様の概要とともに、視聴に必要なSTBの準備状況や放送と通信が連携するマルチメディアサービスについて解説します。
特に、高度BSの4K伝送に必要となる256QAM運用等、高度BSの導入に向けて事業者の参考となる情報を提供します。また、高度BSに採用される新しいCAS(ACAS)に対応する新自主放送(高度ケーブル放送)の運用仕様についてもその概要を紹介します。
講演終了後には意見交換会を予定しています。多くの皆さまのご参加をお待ちしております。

※3月24日(金)に東京でも同テーマによるワークショップを開催します。詳細はこちらよりご覧ください。


第12回ラボワークショップ
「ケーブルによる高度BS再放送に向けて」

開催日 2017年4月7日(金)
時間 14:00~17:00 講演
17:00~18:30 意見交換会
(受付開始 13:30)
会場 TKPガーデンシティ大阪梅田 カンファレンスルーム16B
〒553-0003 大阪府大阪市福島区福島5-4-21 TKPゲートタワービル
http://tkpumeda.net/access/
定員 100名
参加費 会員無料
プログラム
(予定)

■講演
1.「高度BS放送の概要とケーブルによる再放送」日本ケーブルラボ
2.「高度BS対応STB」パイオニア株式会社
3.「高度BSによるマルチメディアサービス」NHK
4.「256QAM運用における課題」日本ケーブルテレビ連盟
5.「高度ケーブル放送運用仕様概要」日本ケーブルラボ
■意見交換会
申込方法 下の「参加申し込みフォーム」に必要事項を記入し、お申込みください。
申込期限 2017年3月31日(金)18時
お問合せ先 一般社団法人日本ケーブルラボ ワークショップ事務局
TEL:03-5614-6100 FAX:03-5614-6101 E-mail:seminar@jlabs.or.jp
※ラボ会員以外のご参加につきましては、事務局までお問い合わせください。

 

参加申し込みフォーム

※申し込み送信後の変更・取り消しは、お電話にて、あるいはお問い合わせフォームよりご連絡ください。