日本ケーブルラボは第22回ラボワークショップ「急増するインターネットトラヒックへの対応策について」を一般社団法人日本ケーブルテレビ連盟と共催いたします。
インターネットのトラヒックが急増する中、上流回線のトラヒック増対策が大きな課題となっています。そこで本ワークショップでは、ケーブル事業者におけるトラヒック増に関する現状課題や対策例、今後の対策方針のほか、有効な対応策を検討する上で参考となるCDN事業者の取り組みについてご紹介します。
多くの皆さまのご参加をお待ちしております。


第22回ラボワークショップ
「急増するインターネットトラヒックへの対応策について」

開催日 2018年6月22日(金)
時間 14:00~17:15 講演
(受付開始 13:30)
会場 TKP東京駅日本橋カンファレンスセンター 4F B
〒103-0028 東京都中央区八重洲1-2-16
http://tkp-nihonbashi.net/access/
定員 100名
参加費 日本ケーブルラボの正会員・賛助会員無料
日本ケーブルテレビ連盟の正会員無料
プログラム
(予定)
■ 講演
1.「インターネットトラヒック対策の動向」日本ケーブルラボ
2.「インターネットトラヒック増対応へのとり進め方(案)」日本ケーブルテレビ連盟
3.「ネットワーク品質測定機器の開発」日本ケーブルラボ
4.「事業者のコスト低減に関する好事例紹介」
  株式会社CCJ
  株式会社愛媛CATV
5.「2020年以降を見据えたCDNの使い方とインターネット・インフラの作り方」アカマイ・テクノロジーズ合同会社
※発表内容および発表者は変更となる可能性があります。

★当日はワークショップの模様をライブ配信いたします。こちらよりご視聴ください。★

申込方法 下の「参加申し込みフォーム」に必要事項を記入し、お申込みください。
申込期限 2018年6月15日(金)
※定員人数に達し次第、受付期間に関係なく申込みを締め切らせていただきます。ご了承ください。
お問合せ先 一般社団法人日本ケーブルラボ ワークショップ事務局
TEL:03-5614-6100 FAX:03-5614-6101 E-mail:seminar@jlabs.or.jp
※日本ケーブルラボ正会員・賛助会員以外、及び日本ケーブルテレビ連盟の正会員以外のご参加につきましては、事務局までお問い合わせください。

参加申し込みフォーム

※申し込み送信後の変更・取り消しは、お電話にて、あるいはお問い合わせフォームよりご連絡ください。