日本ケーブルラボは第23回ラボワークショップ「4Kコンテンツ制作の最新技術動向」を一般社団法人日本ケーブルテレビ連盟との共催により開催いたします。
本年12月から新4K8K衛星放送が始まり、今後ますます4K番組などを含めたコンテンツの充実が重要課題となってきます。そこで本ワークショップでは、ケーブル業界の今後のコンテンツ戦略、ラボの取り組み、ケーブル事業者などにおけるコンテンツ制作の現状、映像編集最新技術などについてご紹介します。
多くの皆さまのご参加をお待ちしております。


第23回ラボワークショップ
「4Kコンテンツ制作の最新技術動向」

開催日 2018年8月24日(金)
時間 14:00~17:45 講演
(受付開始 13:30)
会場 TKP東京駅日本橋カンファレンスセンター 4F A
〒103-0028 東京都中央区八重洲1-2-16
http://tkp-nihonbashi.net/access/
定員 100名
参加費 日本ケーブルラボの正会員・賛助会員無料
日本ケーブルテレビ連盟の正会員無料
プログラム
(予定)
■ 講演
1.「連盟のコンテンツ戦略(AJC-CMSを含む)」日本ケーブルテレビ連盟
2.「コンテンツメタデータの現状と課題」日本ケーブルラボ
3.「第二世代スマート編集システム」日本ケーブルラボ
4.「NHKのコンテンツ制作の現状」日本放送協会
5.「4K自主放送の取り組み状況」株式会社愛媛CATV
6.「AWSを活用した映像編集システム」グラスバレー株式会社
7.「AIカメラを活用したスポーツAI編集」Pixellot Japan
※発表内容および発表者は変更となる場合があります。
申込方法 下の「参加申し込みフォーム」に必要事項を記入し、お申込みください。
申込期限 2018年8月22日(水)
※定員人数に達し次第、受付期間に関係なく申込みを締め切らせていただきます。ご了承ください。
お問合せ先 一般社団法人日本ケーブルラボ ワークショップ事務局
TEL:03-5614-6100 FAX:03-5614-6101 E-mail:seminar@jlabs.or.jp
※日本ケーブルラボ正会員・賛助会員以外、及び日本ケーブルテレビ連盟の正会員以外のご参加につきましては、事務局までお問い合わせください。

参加申し込みフォーム

※申し込み送信後の変更・取り消しは、お電話にて、あるいはお問い合わせフォームよりご連絡ください。