技術開発・調査 最前線

日本ケーブルラボは2019年4月、高度BSデジタル放送トランスモジュレーション運用仕様(複数QAM変調方式)を改定しました。
※こちらは会員限定記事です。続きはログインしてお読みください。

 2019年05月21日 続きを見る

日本ケーブルラボは2019年4月、5G調査報告書を作成しました。
※こちらは会員限定記事です。続きはログインしてお読みください。

 2019年05月21日 続きを見る

日本ケーブルラボは2019年3月、スマートスピーカ活用調査報告書を作成しました。
※こちらは会員限定記事です。続きはログインしてお読みください。

 2019年05月16日 続きを見る

日本ケーブルラボは2019年3月、ALL IPマイグレーション調査報告書 FTTH移行編を作成しました。
※こちらは会員専用記事です。続きはログインしてお読みください。

 2019年04月18日 続きを見る

日本ケーブルラボは2019年3月、ケーブルDLNA運用仕様を改定しました。
※こちらは会員専用記事です。続きはログインしてお読みください。

 2019年04月17日 続きを見る

日本ケーブルラボは2019年3月、地上デジタルテレビジョン放送トランスモジュレーション(TM)ならびに自主放送運用仕様等を改定しました。
※こちらは会員専用記事です。続きはログインしてお読みください。

 2019年04月17日 続きを見る

日本ケーブルラボは今般、業界ビジョンとサービス化ロードマップ 映像を軸にしたサービス検討報告書を作成しました。
※こちらは会員専用記事です。続きはログインしてお読みください。

 2019年03月08日 続きを見る

日本ケーブルラボは今般、第3世代STB用業界ACS技術仕様書を作成しました。
※こちらは会員専用記事です。続きはログインしてお読みください。

 2019年01月31日 続きを見る

日本ケーブルラボは、12月1日に開始された新4K8K衛星放送のCAS方式であるACASを利用した4K放送関連運用仕様について、未定だったネットワークIDの指定、連盟からの要望事項追加、ならびにARIBの規格改定に合わせた4K放送関連運用仕様の見直しなどを行って改定しました。
また、2005年12月に策定したデジタルケーブルテレビ双方向運用仕様についても、STB監視サーバが情報収集するID情報項目へのACASモジュール追加などを行い、改定が完了しました。
※こちらは会員専用記事です。続きはログインしてお読みください。

 2019年01月10日 続きを見る

日本ケーブルラボは今般、第3世代STB HTML5アプリケーション開発ガイドラインを作成しました。
※こちらは会員専用記事です。続きはログインしてお読みください。

 2018年12月12日 続きを見る

日本ケーブルラボは今般、PON高速化調査報告書を作成しました。
※こちらは会員専用記事です。続きはログインしてお読みください。

 2018年12月11日 続きを見る

日本ケーブルラボは今般、E-PON相互接続運用仕様を改定しました。
※こちらは会員専用記事です。続きはログインしてお読みください。

 2018年12月11日 続きを見る
日本ケーブルラボは2015年に、戸建て向けのHFCをFTTH網へマイグレーションするための設備投資や収支見込みの概算を分析できるケーブルインフラコスト分析シミュレータをラボ・ホームページ上で公開しました。 このほど、システム改善、新機能追加などの機能拡充を実施し、同シミュレータの新バージョンをリリ...
 2018年11月06日 続きを見る

Watermark(電子透かし)は、映像のフレームへ人間には認知できない特殊なマークをデジタル技術で挿入し、映像の違法配信があった際に流出元や流出経路を特定するための技術です。昨今、映像コンテンツに対する違法配信が問題化しており、海外ではWatermarkを導入しなければ調達できないコンテンツが出始めています。そうした状況を踏まえ、日本ケーブルラボではWatermark技術の調査を行い、Watermarkの仕組みや方式を整理するとともに日本のケーブル業界で考えられる導入方式をとりまとめた調査報告書を作成しました。
※こちらは会員専用記事です。続きはログインしてお読みください。

 2018年08月13日 続きを見る

日本ケーブルラボは2017年5月に、ケーブルテレビ事業者が多彩なサービスをホームネットワーク上で安定して高速伝送するための有線・無線LAN技術に関する調査結果、およびこれらのLAN技術を利用してホームネットワークを構築する際に考慮すべき事項をまとめ、ホームネットワーク高速化調査報告書を作成しました。この度、最新の技術動向や4K-IP放送等への対応について追加調査を行い、2.0版として改定しました。
※こちらは会員専用記事です。続きはログインしてお読みください。

 2018年08月09日 続きを見る

日本ケーブルラボは、第3世代STBの管理を目的とした業界ACSを構築・運用するために必要となるACS技術仕様(2016年4月)およびACS運用仕様(2017年2月)を策定しました。日本ケーブルテレビ連盟による業界ACS導入に向け、日本ケーブルラボが技術支援してACSメーカおよび第3世代STBメーカと相互接続性の確認を進めたところ、一部仕様の見直しが必要とされたことから改定いたしました。
※こちらは会員専用記事です。続きはログインしてお読みください。

 2018年07月18日 続きを見る

CDN(Content Delivery Network)は動画コンテンツ等のトラヒック増大に対してコンテンツを効率的に配信するための重要なネットワークです。また、トラヒック増に対する上位ピア回線のコスト削減対策としても有効な手段として注目されています。そうした状況を踏まえ、日本ケーブルラボではCDN技術の調査を行い、CDNのタイプや導入方法を整理するとともにCDNを構築する上での設計/選定検討基本項目等についてとりまとめ、調査報告書を作成しました。
※こちらは会員専用記事です。続きはログインしてお読みください。

 2018年06月13日 続きを見る

日本ケーブルラボは、2018年末から日本ケーブルテレビ連盟が提供開始予定の業界ACSに接続する第3世代STBの視聴情報収集機能(オーディエンスメジャメント)を規定し、技術仕様書としてとりまとめました。STBユーザの操作履歴や視聴履歴等の情報を本仕様書に基づいて収集することが可能で、それらのデータは、ケーブル事業者にとって新たなサービス提供や経営戦略の基礎データとなり得ることから、視聴情報収集機能は重要な技術要素とされています。ぜひ本書をご活用ください。
※こちらは会員専用記事です。続きはログインしてお読みください。

 2018年05月18日 続きを見る

昨今、ケーブル事業者から「ケーブル監視システムへのIoT(Internet of Things)活用を検討したい」との意見が多く聞かれます。その背景には、老朽化したHFC設備を延命する場合、現設備メーカーの撤退により新たなメーカーを採用する際に、メーカー間で監視方式の互換性がないため監視が困難になったり、またFTTH設備を構築した場合には、パッシブ伝送路であるため監視ポイントの減少により故障時の復旧対応に時間を要するといった問題があります。そうした状況を受け、このたび日本ケーブルラボではIoTセンサーによるケーブル設備監視について調査し、「ケーブル監視システムのIoT活用調査報告書」を作成しました。
※こちらは会員専用記事です。続きはログインしてお読みください。

 2018年05月09日 続きを見る

日本ケーブルラボは2013年12月にケーブル事業者の統一した設備運用保守指針を整備するためにガイドラインを策定し、2016年4月にはFTTHにおける運用監視や設備強靭化に関する内容を加え、1.1版として改定しました。今般、ケーブル事業者からの新たな要望を受けてBCP(事業継続計画〕観点から、重要業務の早期復旧のための最低限のサービス担保を想定した無線ネットワーク活用を調査・検討し、1.2版として再改定しました。
※こちらは会員専用記事です。続きはログインしてお読みください。

 2018年05月09日 続きを見る