シミュレータについて

これは日本ケーブルラボが開発したケーブルインフラの高度化に関するコスト分析シミュレータです。
コスト分析シミュレータは、主にHFCからFTTHへの移行を試算する「FTTHマイグレーションシミュレータ」とセンタ設備を仮想化へ移行した場合のコストなどをシミュレーションする「センタ設備仮想化シミュレータ」の2種があります。

※シミュレータの実行およびマニュアルの閲覧には会員ログインが必要です。

  • FTTHマイグレーションシミュレータ

    FTTHマイグレーションシミュレータでは、ネットワークをHFCからFTTHにするなど、移行パターンを選択し、自社の事業パラメータや営業計画を入力すると、高度化を実施した場合のヘッドエンド設備や端末を含めたインフラのトータルコストおよび事業収支を算出することができます。

    FTTHマイグレーションシミュレータを実行する

    マニュアル

  • センタ設備仮想化シミュレータ

    センタ設備仮想化シミュレータでは、HFCをR-PHY(Remote-PHY)やC-DOCSIS(China/Cabinet-DOCSIS)に置き換えセンタ設備の一部を仮想化するパターンを選択し、設備規模等のパラメータを入力すると、既存設備との構築、維持コストの差や既存設備を利用し続けた場合と、リプレースした場合の累積の設備・維持コストを経年で算出することができます。

    センタ設備仮想化シミュレータを実行する

    マニュアル

推奨環境/会員ログイン方法

  • 推奨環境

    本サイト(http://www.jlabs.or.jp/infra/)の動作環境は以下の通りです。

    • Google Chrome (最新版を推奨)
    • Safari (最新版を推奨)
    • Mozilla Firefox (最新版を推奨)
    • Internet Explorer 11(デスクトップ用の最新版を推奨)
  • 会員ログインについて

    本シミュレータのご利用には、会員ログインが必要です。
    アカウントをお持ちでない場合には、ラボ会員事業者様であれば、メールアドレスとパスワードを登録していただくことにより、個人ごとにアカウントを取得できます。
    サイトの画面右上の「会員ログイン」より、「ログイン」「登録」「パスワード紛失」手続きを行うことができます。