ラボレポート

米国・ニューオリンズにて2019年9月30日から10月3日までSCTE(ケーブル技術者協会:Society of Cable Telecommunication Engineers)が主催する「Cable-Tec Expo 2019」が開催されました。日本ケーブルラボからは2名が参加し、技術調査を行いました。
※こちらは会員専用記事です。続きはログインしてお読みください。

 2019年11月06日 続きを見る

ITU-T SG9合同ラポータ会合が2019年9月2~6日に中国・広州にて開催されました。本会合において日本ケーブルラボは、J.cable-rf-ip“ケーブルネットワークにおけるRFおよびIPによる二次分配(放送)の要求条件”の勧告草案と、J.acs-stb“ACSによるSTBの遠隔管理の機能要件”の勧告草案を提出し、議論しました。今回の草案提出は、本年6月のITU-T SG9会合において、日本ケーブルラボより新たにケーブルテレビのIP放送の要件の勧告策定を提案し、承認されたことを受けたことによるものです。また、会合期間中の9月3日にはワークショップが開催され、「アジア・太平洋のケーブルテレビの将来」をテーマとして講演と議論が行われました。
※こちらは会員専用記事です。続きはログインしてお読みください。

 2019年10月01日 続きを見る

2019年8月5~7日、米国コロラド州キーストンにて米国ケーブルラボ主催のSummer Conference 2019が開催され、日本ケーブルラボから2名が参加しました。
※こちらは会員専用記事です。続きはログインしてお読みください。

 2019年09月04日 続きを見る

2019年4月6~11日に米国・ラスベガスにて「NAB SHOW 2019」が開催されました。日本ケーブルラボからは2名が参加し、技術調査を行いました。
※こちらは会員専用記事です。続きはログインしてお読みください。

 2019年07月19日 続きを見る

ITU-T SG9会合が2019年6月6~13日にスイス・ジュネーブにて開催されました。ラボは、本会合においてIPでの映像サービスのためのケーブルネットワーク要件を規定する新たな勧告の策定開始を提案し、承認されました。
※こちらは会員専用記事です。続きはログインしてお読みください。

 2019年07月11日 続きを見る

2019年5月28日から6月1日まで台湾・台北市にて「COMPUTEX TAIPEI 2019」が開催されました。ラボからは2名が参加し、技術調査を行いました。
※こちらは会員専用記事です。続きはログインしてお読みください。

 2019年06月21日 続きを見る

ドイツケーブルテレビ連盟(ANGA)が主催するケーブル・衛星・ブロードバンドに関する欧州最大のコンベンション「ANGA COM 2019」が2019年6月4日から7日までドイツ・ケルンにて開催されました。日本ケーブルラボからは2名が参加し、技術調査を行いました。
※こちらは会員専用記事です。続きはログインしてお読みください。

 2019年06月19日 続きを見る

2018年10月22日から25日まで、米国アトランタにてSCTE(ケーブル技術者協会:Society of Cable Telecommunication Engineers)が主催する「Cable-Tec Expo 2018」が開催されました。ラボからは3名が参加し、技術調査を行いました。
※こちらは会員専用記事です。続きはログインしてお読みください。

 2018年11月30日 続きを見る

2018年8月6~8日、コロラド州キーストンにて米国ケーブルラボ主催のSummer Conference 2018が開催され、日本ケーブルラボから3名が参加しました。
※こちらは会員専用記事です。続きはログインしてお読みください。

 2018年09月12日 続きを見る

ドイツケーブルテレビ連盟(ANGA)が主催するケーブル・衛星・ブロードバンドに関する欧州最大のコンベンション「ANGA COM 2018」が2018年6月12日から14日までドイツ・ケルンにて開催されました。日本ケーブルラボからは2名が参加し、技術調査を行いました。
※こちらは会員専用記事です。続きはログインしてお読みください。

 2018年07月05日 続きを見る

2018年6月5日から6月9日まで台湾・台北市にて「COMPUTEX TAIPEI 2018」が開催されました。ラボからは2名が参加し、技術調査を行いました。
※こちらは会員専用記事です。続きはログインしてお読みください。

 2018年07月02日 2件のコメント 続きを見る

ITU-T SG9会合が2018年1月22日から1月30日まで開催され、その中で、ラボが2016年に策定した勧告J.297“4K UHDTV対応ケーブルSTBの要求条件と機能仕様”の改訂案が審議され、最終承認段階に進むことになりました(AAP合意されました)。また、会合期間中の1月25~26日にはITU-Dとの合同ワークショップが開催され、ラボはケーブルテレビの市場動向とビジネスモデルのセッションにパネリストとして登壇し、日本の現状、および新たなケーブルコンテンツとして4K、8K、VRを紹介しました。
※こちらは会員専用記事です。続きはログインしてお読みください。

 2018年02月13日 続きを見る

2017年10月17日から20日まで、米国デンバーにてSCTE(ケーブル技術者協会:Society of Cable Telecommunication Engineers)が主催する「Cable-Tec Expo 2017」が開催されました。ラボからは3名が参加し、技術調査を行いました。
※こちらは会員専用記事です。続きはログインしてお読みください。

 2017年11月13日 4件のコメント 続きを見る

2017年8月7日~9日、コロラド州キーストンにて米国ケーブルラボ主催のSummer Conferenceが開催され、日本ケーブルラボから3名が参加しました。※こちらは会員専用記事です。続きはログインしてお読みください。

 2017年08月29日 続きを見る

2017年5月30日から6月3日まで台湾・台北市にてTAITRA(台湾貿易センター)とTCA(台北コンピューター協会)が主催する「COMPUTEX TAIPEI 2017」が開催されました。ラボからは1名が参加し、技術調査を行いました。
※こちらは会員専用記事です。続きはログインしてお読みください。

 2017年06月27日 1件のコメント 続きを見る

ドイツケーブルテレビ連盟(ANGA)が主催するケーブル・衛星・ブロードバンドに関する欧州最大のコンベンション「ANGA COM 2017」が2017年5月30日から6月1日までドイツ・ケルンにて開催されました。日本ケーブルラボからは2名が参加し技術調査を行いました。
※こちらは会員専用記事です。続きはログインしてお読みください。

 2017年06月27日 続きを見る

ITU-T SG9は1期4年の会期をもって運営されており、今年からは2020年までの新たな研究会期に入りました。その第1回会合が2017年5月24日~5月31日中国・杭州市で開催され、日本ケーブルラボも出席し、審議に参加しました。
会合では新会期の研究課題が設定され、その内RGWとSTB関連の研究課題である「課題6」では、ラボが昨年ITU-Tで勧告化したJ.297(4KケーブルSTBの技術仕様)に、その後日本で標準化した技術仕様を追加することを提案し、採択されました。
会合期間中の5月26日にはワークショップが開催され、ラボは日本のケーブル業界の現状と第3世代STBを紹介するプレゼンテーションを行いました。展示ブースにも出展し、ラボに設置したSTBからのリモート視聴を実演しました。
※こちらは会員専用記事です。続きはログインしてお読みください。

 2017年06月22日 続きを見る

2017年2月6日~8日、フロリダ州オーランドにて米国ケーブルラボ主催のWinter Conferenceが開催され、日本ケーブルラボからも2名が参加しました。
※こちらは会員専用記事です。続きはログインしてお読みください。

 2017年03月14日 続きを見る

2016年9月26日から29日まで、米国ペンシルバニア州フィラデルフィアにてSCTE(ケーブル技術者協会:Society of Cable Telecommunication Engineers)が主催する「Cable-Tec Expo 2016」が開催されました。ラボからも参加し、技術調査を行いました。
※こちらは会員専用記事です。続きはログインしてお読みください。

 2016年11月08日 続きを見る

日本ケーブルラボは、ラボが運用仕様書等により日本で標準化した技術仕様のうち、国際標準化が望ましいものについて、国際電気通信連合ITUの専門委員会であるITU-T SG9の場で国際標準化を進めています。このたび、ITU-T SG9会合が2016年8月29日から9月2日まで開催され審議に参加しました。その中で、昨年6月にラボが提案し勧告案の策定が開始されていた次の2件について勧告を最終承認段階に進めることができました(AAP合意されました)。
・マルチDRM環境でのケーブルテレビシステムのIP-VOD DRM仕様
勧告名:J.1006 “Specification of IP-VOD DRM for cable television multiscreen system in Multi-DRM environment”
・4K UHDTV対応ケーブルSTBの要求条件と機能仕様
勧告名:J.297 “Requirements and functional specification of cable set top box for 4K ultra high definition television”
ラボは、高度化するケーブルテレビサービスの国際標準化に、今後も積極的に取り組みます。
※こちらは会員専用記事です。続きはログインしてお読みください。

 2016年09月28日 続きを見る