コース内容

受講期間 6か月 ※2020年度より変更
対象者 主に、ケーブル業界の若手・中堅社員
(技術者以外も対象としています)
受講料 12コンテンツ
ラボ会員   10,000円(税抜)/1名
ラボ会員外  20,000円(税抜)/1名
※入金確認後、受講開始となります。
受付期間 随時
カリキュラム内容 各コンテンツ終了後、理解度テストを実施

【12コンテンツタイトルと内容について】
JQE基礎講座は、JQE資格検定講習会のテキストを基に、4つの構成に分けられています。
Ⅰ. 放送伝送の基礎
  映像・音声の符号化、多重化、QAM、OFDM等のデジタル放送技術と
  ケーブルネットワークで使われる伝送方式
  (トランスモジュレーション方式、リマックス方式、パススルー方式)等の基礎を学習。
  第1回 デジタル放送伝送の基礎
  第2回 ケーブル伝送技術
  第3回 ケーブル運用仕様とSTB機能
  
Ⅱ. ケーブル伝送技術の高度化
  HFCにおけるIP伝送技術であるDOCSIS3.0/3.1の基礎、
  PON規格やPON相互接続等の光伝送技術と集合住宅内の伝送技術の基礎、
  およびWi-Fi、地域BWA、MVNO、近距離無線、5G等の無線伝送技術の基礎を学習。    
  第4回 HFCにおけるIP伝送技術
  第5回 光伝送技術
  第6回 無線伝送技術

Ⅲ. ケーブルプラットフォーム技術
  ケーブルサービスに必要なプラットフォーム基盤のコアとなるIDと認証・認可機能の基礎、
  ケーブルネットワークを仮想化し省力・省資源化を図る仮想化技術の基礎、
  およびCDN等のIP配信によるコンテンツの配信技術と保護技術の基礎を学習。
  第7回 サービス基盤技術
  第8回 クラウドサービスと仮想化技術
  第9回 コンテンツ配信技術とコンテンツ保護技術

Ⅳ. 放送の高度化と端末技術
  4K・8K等の高解像度フォーマット、高輝度化技術(HDR)、MMT等の多重化方式、
  ACASなどの放送の高度化技術の基礎、これら4K・8K映像を衛星やケーブルでの伝送技術の基礎、
  および第3世代STBの特徴やIPなどの端末技術の概要を学習。
  第10回 放送の高度化技術(4K・8K)
  第11回 端末技術とSTB仕様
  第12回 リモート視聴/モバイル端末連携とIP端末

ポイント 受講後は、幅広い知識の習得と、より専門的な知識が求められるJQE資格取得を目指し、
次のステップへ進んでいくことができます。



【申込方法】

    1. 以下より、「個人申込」・「団体申込」を選択してください。
    2-1. 「個人申込」は申込フォームに必要事項をご入力のうえ、送信ください。
    2-2. 「団体申込」はCSVファイルをダウンロード後、必要情報を記載したファイルをjqe_shikaku@jlabs.or.jpまでメールにて送信ください。

    http://www.jlabs.or.jp/archives/22241


    /tst/wp-content/uploads/2018/08/elearning_csv.csv





    【お問い合わせ先・受付時間】
    一般社団法人 日本ケーブルラボ eラーニング事務局
    TEL:03-5614-6100 FAX:03-5614-6101
    E-mail:jqe_shikaku@jlabs.or.jp
    受付時間:9時30分~17時45分
    ※土・日・祝日・年末年始(12/29~1/4迄)を除く