日本ケーブルラボでは、2016年度より従来のラボ技術講習会を発展させ、ケーブル事業者の実務者向け「JQE資格制度」、ケーブル事業者の経営をサポートする技術系幹部向けの「JLabs幹部講習会」の2つのコースを設定し運用を開始しました。

2018年度より、新たに学習の幅を広げ、ケーブル技術の基礎的内容を盛り込んだ若手の育成にも活用できるeラーニングによる基礎コースを設定し、カリキュラムの選択肢を増やしました。

1. eラーニングによる基礎コース
– ケーブルテレビに従事する若手育成にも活用できるコースです
– ケーブル技術に関する基礎的技術および最新動向、ならびにケーブル関連ソフトウェアエンジニアリング技術を習得できます
– 準備が整い次第、受付を開始します

2.JQE資格制度
– ケーブルサービスを支える技術、ならびにケーブルサービス革新技術について基本的知識を修得し、新しい事業の構築や現状事業の改善に関して、それぞれの事業環境に適したシステムを設計できる技術者やサービス企画担当者の育成を目的とするものです。

(1)JQE資格検定講習会
– ケーブル事業者の実務者向けコースです
– ケーブルサービスを提供する設備・システムに関する知識を修得することにより、新しい事業の構築や現状事業の改善に関して、それぞれの事業環境に適したシステムを設計できる技術者や幅広い知識を有するサービス企画担当者の養成を目指します

(2)JQE資格検定試験
– JQE資格検定試験を実施、合格者には、JQE資格(JLabs Qualified Engineer資格)が付与されます

3. JLabs幹部講習会
– ケーブル事業者の経営をサポートする技術系幹部向けコースです
– ケーブル事業者のサービス展開に関する経営判断をサポートする上で必要な技術情報を提供します


【お問い合わせ先・受付時間】
一般社団法人 日本ケーブルラボ 講習会事務局
TEL:03-5614-6100 FAX:03-5614-6101
E-mail:jqe_shikaku@jlabs.or.jp
受付時間:9時30分~17時45分
※土・日・祝日・年末年始(12/29~1/4迄)を除く